ブライトリング・BREITLINGといえば、やっぱり多くの人たちは「クロノグラフ」というのではないでしょうか。クロノグラフが欲しいからブライトリング・BREITLINGが欲しいというが世界の共通認識かもしれません。

ブライトリング・BREITLINGの歴史

ブライトリング・BREITLINGの歴史は、精密機器の製造からスタートすることになります。ただし、 懐中時計の時代において、超一流と名がつかない時代もあったようです。 時計ブランドとして優れた懐中時計を作るメーカーなら、ブライトリング・BREITLING以外他にも見つけることができたからです。

ブライトリング・BREITLINGクロノグラフの需要

やはり、ブライトリング・BREITLINGがキラリと輝きだしたのは、クロノグラフであり、20世紀に入り、クロノグラフの需要がどんどん高まり、ブライトリング・BREITLINGが注目されるようになります。 ブライトリング・BREITLINGは、さらに、1915年世界はじめての専用プッシュボタンを携えたクロノグラフの腕時計に成功し大きく飛躍することになります。 さらに、1934年にリセットボタンの機構の開発をします。 ここあたりで、現在のブライトリング・BREITLINGの原型は作りあげられたと言っていいでしょう。 ブライトリング・BREITLINGは、1936年、英国空軍のサプライヤーとなって、 航空界とのパートナーシップとなり、 「時計ではなく計器であるブライトリング・BREITLING」、 「航空時計への憧れを持つブライトリング・BREITLING」の創造の夢は確実に実現することができたのです。 それがまさに、3代にも及んだブライトリング・BREITLINGの長い歴史だったのです。 そして、ここから更に長い、航空時計の歴史がスタートしたと言ってもいいでしょう。

ブライトリング・BREITLINGの更なる飛躍

ブライトリング・BREITLINGは、さらに、1940年代に回転計算尺を搭載したクロノグラフ(クロノマット)を完成させることになります。 1952年には更に、進化系とも言っていいパイロット向けクロノグラフ「ナビタイマー」の製作を手がけることになります。 ブライトリング・BREITLINGのクロノグラフの傑作とも呼べるナビタイマーは、世界じゅうのパイロットたちに大きな支持を得ることになります。 ブライトリング・BREITLINGの歴史は、クロノグラフの歴史であり、本物の人たちに愛される高級時計を作り続けていたのです。


Copyright(c) 2017 スーパーオーシャンカタログ All Rights Reserved.